AKOART INTERZONE : WEB SHOP

2010/03/31

MAKING THE GHETTO

新宿百人町


もともとは徳川家康が外部からの攻撃にそなえ
伊賀組百人鉄砲隊を屋敷に駐屯させ警備してたそうです。
とは言うものの自分の知っている百人町はラブホテル、売春婦、
ヤクザ、ドラッグのディーラ達が支配していた
日本のアムステルダムみたいな街でした。

 売春婦なんかの数も半端無くて
路地ごとに色んな国籍の売春婦がいたもんです。
それゃ風営法が改正されるまでの夜の百人町は華やかでした。
ここがTHE GHETTOになる前のホテル青い城も
売春婦いやあえて言うなら立ちんぼさんの
お陰でかなり潤ってたみたいです。

バブル崩壊
景気はどんどん悪くなり、人々が削りだすのは
外食の回数やセックスする場所、金がないなら家でやろう!
だんだんそうなりますよね。 売春婦への厳しい規制が続き百人町の
ホテル街は活気をなくしました。売春なしでカップルが
使うのは歌舞伎町の大型ホテルになるのは
当たり前で益々経営は悪化の道を辿りました。




建物の老朽化、前オーナーの引退がありこのホテルを借りれる流れに!
身内がこのホテルの経営していた事もあり
このホテルの内装を良くしっていた自分は2年くらい前から
THE GHETTOでやりたい事のイメージはありました。
最近の大きいホテルと違いエントランスを進むと
建物の中央に階段がある作りや、建物の外にはヤシの木みたいな
少し南な木が植えてあったり、絶対にカッコよく出来ると感じてました。


さてさてこの頃言っていた新宿スラム化計画の始まりです。
はじめたばかりのMIXIを使って募集をかける事に
明確に決めていた事は1階にSK8ランプとBARが入り
外壁にはグラフティーって事で
後、2階の店舗は募集次第だな...なんて思ってました。







MOTOYAN


お店を始めたいって人も集まり改装開始!
いつまでも新宿スラム化計画とも言ってられない。
建物の名前を考えなきゃって事で
MOTOYANに依頼する事に!
MOTOYANはNO FUTURE KREWって集まりの先頭を走る人間で、
草履履いてハーレー乗って、凄いスピードで東京の街を駆け抜けて
バイオレンスの意味のなさを良く知ってる不良!
最近ではメッセンジャーやりながらプロのカメラマンとして活躍!
高円寺のNAILとTOKYO TATTOO CLUBのカンバラさんを通じて
知り合えたんだけど。
楽しいこととか、暖かさとか、ダラシなさとかが大好きで
色んな場所で会うようになりいつの間にか仲良くなってた感じなのかな。
考えてみると、その頃の出会いの始まりが、今進んでみる道への
新しいスタートの始まりだった気がする。
数日してMOTOYANに、何か思いついた?って聞いてみると..
MOTOYANも考えた上、GHETTO以外考えられないんっすよ~って
バッチリでした!
ここ新宿百人町、今じゃコリアタウン、言葉の意味どおり集落的...
日本でみると韓国街は少数な人たちの集合街
その中で、また特別な人間達のコミューンがここ。
他とは違う特別な意味を込めてTHEを付けてTHE GHETTO
名前は決まった!   
俺もそれ以外考えられない!
これで安心して作業に進むべし!






工事が始まってみると、まずは解体から始めて
みんな、そこそこの素人だから、段取りとかも悪くて
結構時間かかったな~
工事が終わったとこから、初めて営業なんて事は頭から消えて
無我夢中で作業の日が続いた。
初めて会うような人間同士だけど、日々同じ場所で同じ汗をかいてると
自然に仲良くなったりします。





すき放題壊わすと後で耐震にたいする不安や
建物が弱くなり雨漏りの原因にも繋がりますので注意!




通常の仕事をした合間に作業する人もいたり





夏の暑い日に沢山の人の出入りがありました。
早くも噂を嗅ぎ付けて見に来る人も多かった。


何か竜宮城へ向かう亀の上にいるみたいに
この作業の日々がずっと続くような気がした。
学校で言うと毎日、工作の授業みたいな....
みっちりでは無かったけど2ヶ月くらい続いた....



それにしてもゴミの量は半端じゃなかった!
産廃のトラック10回くらい来たんじゃないかな....高かった..
そんで、雨降ったり、晴れたりしてて
いらない畳なんかも沢山あって、捨てる時
キノコとか沢山生えてたり、ゴキブリとか..!!
デカかったなぁ~畳退かす度にウヨウヨ出てきてさぁ
ずっとゴキブリ殺せなかったけど、こいつらを店には絶対入れない!って思っ
たら平気で退治できました!
守るものが出来ると人間変わりますな!


でも本当産廃って業者によって値段が全然違うんだね....
皆さんも産廃する時はちゃんと見積もりとりましょ!
そしてなるべくゴミの仕分けもする事!
値段がぐんと違います!


SK8 RAMPの基礎工事!
大工さんの仕事はやはり違う!
安達工務店による作業

GRAFFITIも始まりました!
STARTING MEMBER
ZYS EKYS QP TOM MASK SEVEN
QPは特にTHE GHETTOへ多くの
作品を残してくれました。

青い城の柄を真っ白に塗り
沢山の人がTHE GHETTOという色をつけてくれる。
作業も進むとたくましくもなります!


さてそろそろ完成!
毎日沢山の車の出入りがあり
ご近所には大変ご迷惑をおかけしました。

THE GHETTO LOGO
KEITH RICHARDS
ROLLING STONES




当時GHETTOで一緒にお店を始めようとしてた友達で
GLAYのマネージャーやってるオカヤンの依頼で
来日中の外人が手彫りで刺青入れたいらしく面倒みてくれない?って
話をされて、友人の龍志君のところへ連れて行くことに。

龍志君は昔、俺の実家がある向島で彫師をしてた人で長く深い付き合いの友達なんです。

来日中のプロレスラーだったりと、よくそういった感じで
龍志君の所へ紹介したりしてたんですよ。
手彫りで彫りたい~なんて言うから行ってみると、
たいがい、ちょっとやっぱ怖い!って機械彫りに変更する事が多かったりして!

龍志君はどんなお客さんにも時間をかけて話や好みを聞いて
その場で絵を描いてくれるのでお客さんも満足してくれてました。

さて、その日待ち合わせして外人さん御一行が来てみると、
まぁなんて事はない20歳位の子供軍団+大人一人だったんですよ。
でも通訳もいたりして。

結構良い車で運転手ついて、通訳いて...
裕福な人間特有のギスギスしてない余裕が感じられた。

誰なんだろう.....

オカヤンの話によるとRolling StonesのKeith Richardsの娘と母ちゃん
なんだそうです!!っえぇぇぇ!!

ちょっとビックリ!

なんでもキースの嫁さんはキースのつけたニックネームをお尻に彫ってるそうで,娘もキースにデザインしてもらい
お尻に彫りたいんだとか...

ホテルにいるキースからFAXが入り手書きの狼の絵が
ヤベー電話の向こうはストーンズのキースだよ!って上がりますよね!!
娘が子供の頃、よくキースの腕とかに噛み付いてきてたらしく
狼をイメージしてウーフィンってニックネームを付けたんだって。

そんなやりとりをしてる間に他の男の子が彫り終わったので、
見せて!見せてって!って話してみてみると腕に『木』って漢字を
彫ってて『なにこれ?何で木なの?』って聞いていると
『ほら、僕の苗字はウッドだからさぁ』って...

ロン ウッドの子供??!!!

あらら、よく聞けばミックの子供もいたり、
中には普通の友達も連れてきてたり、とまぁセレブでございます。

ミックの息子の上着にジューダス プリーストのワッペンつけてたのが
嬉しかったな.....

そんな中、キースの娘はキースが書いた狼の絵みて『nnn...違う...』って
感じでやりとりを繰り返してます。

そこは親子関係です!娘のワガママは何度でも聞くのが父親です。
結構良い絵をあったけどなぁ....
結局絵をやめてニックネームのロゴにする事に.....
外人の字って汚いイメージなんですが、送ってきた字が、かっこよくて....
いいなぁ.....
そして自分の手を見てみれば、昨日MOTOYANの家で手に書いた
THE GHETTOの文字が.....
それゃ絶対頼むでしょ!って!
これは今日俺に与えられたミッションでしょ!って!

まずは子供軍団に話をしてみることに...
みんなSK8とか好きで、スゲーって話になって
その話をキースの嫁さんにも話してみると、
『いいわよ!聞いてあげる!』って事に
その後、電話でキースに話してくれて、

意外にも簡単に『いいよ!』って!

書いとくよ!って!

ヤバイ.....来たな......ちょっと来てるな...って思ったなぁ



でもさ~どうやって取りに行くの?
俺がキースのとこ取りに行けるの???
キースが俺に送ってくれるの???

まさか口だけ.....なんて事も充分ありえるよな........
さてどうしたものか.....









セキュリティーの担当者は面識があったので頼りはそこだな...
後は通訳の人に頼むしかないかな...なんて考えてると
子供の一人が『東京公演見に来るんだろ?』って聞いてきました。

もちろんチケットは買ってません。
ワタクシ基本ヘビメタですから...
そこでこう答えたんです。
『ストーンズのチケットなんて速攻ソールドアウトで買えるわけないじゃん!』
この状況でこれ以上良い言葉はないだろうと....

そしたら東京と名古屋招待してくれて
バックステージパスくれて一軒落着です。

結局お店のロゴは後からもらえたんですけど
2種類書いてくれました!
ロゴ自体はほぼ同じなんですが、the ghettoの下に小さいスカルが
書かれたものとLOVE AND PEACEと書かれたものでした!
キースと言えばスカルでしょ!

でもあまりストーンズ ストーンズって名前先行で名が売れてもしょうがないな....ってちゃんミエ(THE GHETTO一緒にやっている彼女)と話をしてあんまり出さないようしました。
それでロゴの下のスカルも使ってないんですよ....
2周年から使おうかな...

今は2年たってTHE GHETTOが作り出したイメージが出来上がってきたので
こうやってBLOGとかでも書いたりしてみたりして..
こうやってMOTOYANが付けてくれた名前をキースがデザインしてくれた
THE GHETTOの看板が完成したわけです。




コンサート会場の楽屋の道で出会い頭にキースとロンと出くわしました。
キースの嫁さんは『ほら、子供達がお世話になった...日本人よ』って
紹介してくれて...握手したんだっけかな.....圧倒されて覚えてないけど
深いシワだらけだったけど、全然枯れても老いてもなくて
ロックスターだったな....

もう会うことはないだろうけど忘れない。







0 件のコメント:

コメントを投稿