2013/05/15

築地からの つきじ芳野

さて 帰りの日です。
 
朝もちゃんと起きれたので築地でご飯食べる事に!
 
友人の顔も見たいし!
 
 
やっぱり江戸の台所だよね~
 
すごいスケール感と活気!
 
 
 
歩いてると アニさんと目が合い!
 
うぉぉぉぉ!会うつもりだったけど
 
突然の再会www
 
相変わらず いい身体 いい笑顔ww
にゃお~ん お土産もらっちゃったぁぁぁ
 

 
 
そして狂犬 プッチン
なんも考えないで遊んでた頃から20年経ってるのか~
 
いつもありがとう!!

 
全然変わらないよね!
お互い少しは大人になったかな....笑

 
そして中学からの同級生
ハル 長い付き合いです。
 
コーヒー美味しかった!

 
 
すると高校時代のヘビメタバンドのドラムY氏登場
今でもY氏のDEAD ENDやサブラのレコード
借りっぱなしです。
 
Y氏はドラムを続けながらも
穴子のことなら穴子仲卸25年、
しかも築地で4代目の店主
高橋康友社長殿という顔も持ち
 
 
宣伝用だと とってもイイ笑顔を見せてくれます。

 
ごちそうしてもらっちゃったぁぁ
 
つきじ芳野
 
なんと評判良く新店舗も作ってました!

 
鰻も値段高いからね~
アナゴは江戸っ子に人気だし
重箱で食えるのはうれしいよね!

 
メニューはなにがなにやら....
「とっておきのアナゴ食わすから座ってまてぇい」
との事で喋りながらしばらく待つ
 
 
一分蒸らしてから空けてみるとww
 
これ!
 
 
これですよ!
 
 
うひょおおお!!米みえません。

 
アナゴ、こんなにフワっフワなの???って食感
紫蘇の実と葉がご飯の上に乗ってて 
アツアツのアナゴで蓋されてイイ香り広げてた。
 
夢中で食べて 追いダレ試さなかったな.....

 
獅子唐あるのも鰻じゃないぜ!って感じでいい。
汁も赤みそじゃなくて 上品なあら汁が 鰻じゃないぜ!って感じでいい。
 
帰りの道中ちょくちょく、芳野のアナゴが頭に出てきた。
その日にもう一度食いたくなるのは、なかなかの味ってこと!
 
 
鰻目線で欲を言うと
アナゴをつける壺に入ったタレに
煙っぽさ みたいな味が入ってくると
深くなるかな~なんて
勝手ながら思ったけど、
 
今の店舗の厨房小さいからね
やりたい事も制限でるわな。。
 
でも新店舗はデカイから
さらなる進化するんじゃないかと思います。
 
Y氏は、そうゆうの考えるの好きだから。
 
ごちそう様でしたw
 
 
この日築地では
よく人にあえた!

 
AKI AKIYAMAさんのT-SHIRTS
BONE TO RIDEを企画したONIGOのOGINO君
& 曲がった事が大嫌い、妻のマーちゃんです。
 
 
彼も中学の時からの仲

 
 
 
 
 
いや~ 江戸の台所
やっぱ いいですね~
 
沢山甘えん坊させて頂きました。。
 
ありがとうございます!

 
つきじ芳野
〒104-0045
東京都中央区築地5-2-1
TEL.03-3547-7950
http://yoshinobunten.com/index.html
 
新店舗は築地の横の橋があって、魚祭る神社の通りの真ん中くらい。 

0 件のコメント:

コメントを投稿